復縁 冷却期間

復縁に冷却期間は必要か?

別れた相手とやり直すためには冷却期間を置くことが一般的とされています。
確かにこれは真実でもありますが、一方で嘘でもあります。

 

別れた状況は人それぞれのはずです。だから、一概に冷却期間をおけばいいというわけではありません。

 

たとえば、それぞれの成長のために円満に別れを選択した人と、浮気などが原因で険悪なままの状態で別れた人とでは、最終目標は同じ復縁でも方法まで同じでうまくいくはずはありませんよね。

 

だから、本当であり嘘でもあるんです。冷却期間が必要な人とそうではない人。いったいどんな違いがあるのでしょうか?

冷却期間が必要な人、そうでない人

冷却期間が必要な人と、そうでない人をまとめてみました。

 

冷却期間が必要なケース

  • 別れた方が最悪で、相手が激怒している。
  • 別れた後もダラダラと恋人のような関係(肉体的な関係含む)が続いている。
  • 相手に新しい恋人がいる。

 

別れた相手が激怒している。

別れ方が悪く相手が怒っているようなケースでは、少し冷却期間を設けるのが得策です。相手を冷静にさせる効果も期待できますが、こういったケースでは自分もパニックしている可能性があります。

 

こういいうときこそ落ち着かなければいけません。自分自身を鎮める意味でも、冷却期間を置きましょう。

 

別れた後もダラダラと恋人のような関係(肉体的な関係含む)が続いている。

別れた後でもダラダラと恋人のような関係を続けている人がいます。相手に嫌われたくないあまり、体の関係も続けてしまっている人が意外と多いです。これは完全に都合のいい人として相手に認識されています。この先に本当の幸せなんてありません。

 

復縁するためには、対等な人間関係になる必要があります。勇気をもって冷却期間をとり対等な関係になるようにしましょう。

 

相手に新しい恋人がいる。

最初はなんでも初々しく感じて楽しいものです。あなたとの関係でも最初は同じだったはず。そんな楽しい時期にはなにをしても無駄です。かなり勇気がいると思いますがしばらく連絡を絶ってから、連絡してみるようにしましょう。

 

冷却期間を置かない方がいいケース

  • 円満に別れて、その後は理解しあえる友人としての関係が続いている。
  • 今まで連絡がなかったのに、久々に相手から連絡がきた場合。
  • 相手が新しい恋人と上手くいっていない場合。

 

円満に別れて、その後は理解しあえる友人としての関係が続いている。

この状態では冷却期間を置く必要はありません。冷却期間を置くのは理由はまさに、理解しあえる友人になるためのステップです。もうすでにその状態であるならば、無駄な冷却期間は事態を悪化させるだけです。この状態では冷却期間は必要ありません。

 

今まで連絡がなかったのに、久々に相手から連絡がきた場合。

今まで連絡してこなかったのに、連絡してきたということは相手のなかでなんらかの変化があったということです。ここは変に気負わず、友達としての関係を築くために一歩踏み出しましょう。

 

相手が新しい恋人と上手くいっていない場合。

恋人と上手くいったていないときはあなたにとって間違いなくチャンスです。しかし、すぐに復縁をせまるような事は辞めましょう。相手の相談にのって話をよく聞いてあげましょう。そうすれば自然に相手の人はあなたとのことを意識するようになります。あせらず、いい人間関係を構築するようにしましょう。